自転車への「あおり運転」(煽り運転・妨害運転)は免許取消!

公益社団法人自転車道路交通法研究会
法務専門部会

令和2年6月30日施行の改正道路交通法において、いわゆる「あおり運転」(煽り運転・妨害運転)が規定され、厳罰が課されるとともに、自動車で行った場合には一発で免許取消処分を受けることとなった。

「あおり運転」とは、他の車両の通行を妨害(邪魔・嫌がらせ等)する目的で、次に該当する違反行為を、道路における危険を生じさせるおそれのある方法によって行うことをいう。

  • 通行区分違反のうち、いわゆる逆走
  • 急ブレーキ禁止違反
  • 車間距離不保持
  • 進路変更禁止違反
  • 追越し違反のうち、いわゆる左側追越しと、追越し時の安全義務違反
  • 減光等義務違反
  • 警音器使用制限違反
  • 安全運転義務違反

(高速道路における「あおり運転」は省略)

この「あおり運転」は、クルマ同士の場合だけでなく、自転車に対して行った場合も、罰則と免許取消が課される。

自転車に対しても、「あおり運転」は絶対にやめよう!

関連ページ

更新履歴

  • 2020/11/12 各ページに解説と道路交通法の関連条文を掲載
  • 2020/07/04 妨害運転に該当し得るケースを3件追加
  • 2020/06/30 ウェブサイト公開、妨害運転に該当し得るケースを7件掲載